漢方や薬でコンプレックスを撃退せよ【自信を持てるオトコであれ】

男性

心の疲れが勃起へ行くとき

サプリメント

近年EDは患者が増えている傾向があります。そもそもEDの原因は血液の流れなど血液系当の事が要因となっていますが、近年の患者の多くは心因性のEDを患っている方が多いです。心因性とは簡単に言うと精神的な事が原因となっている事です。心因性の病気と言えば過敏性腸炎などあらゆる物が存在していますが、その中にはEDも含まれているのです。心因性のEDとなると、バイアグラでの治療も簡単という訳ではありません。バイアグラはそもそも治療薬ではなく、勃起を促すための認められた薬です。基本的にはバイアグラなどの勃起薬と、根本的な原因となっている血液や肝臓の異常の治療を一緒にしていくのです。しかし心因性となると必要であるのは心のケアやストレスの軽減です。これについては治療がしっかりと効いているのかどうかなど、目では確認が出来ない分治療は難航するといってもいいでしょう。それと同時にEDの治療もストレスを与える事なく行わなければならないので、心因性のED治療は一筋縄では行かない事が多いのです。もちろん心因性であっても、単純な要因の場合は一ヶ月や二ヶ月でしっかりと治療の効果は現れます。逆に単純ではない要因であり、申告な精神負担が本人に直撃している場合、長期に渡ってED治療を行なう事になります。個人差はありますが、心因性の疾患を治療するという事は大変極まりないのです。

心因性のEDにて多くの方の要因となっている事は、仕事や夫婦間のストレスになります。例えば仕事で力を発揮出来ず理不尽な事ばかりがやって来てしまうと、それだけ心身的にストレスが降り掛かってくるのです。故に心因性のEDを発症させてしまいます。仕事の内容や人間関係など、ストレスが発生する場所を会社にするだけでも、あらゆるストレッサーを発見する事が出来ます。夫婦間のストレスも仕事のストレス同様に、その家庭や夫婦によって様々なパターンがあります。妻との関係がうまくいかない上に、仕事についても指摘をされるなど、夫婦だからこそのストレスが発生してしまうのです。妻や家族を支える大黒柱だからこそ、ストレスを貯めやすくなりその結果心因性のEDや、他の心因性の病気になってしまうのです。もちろんそれだけではなく、うつ病を既に発症しておりその症状でEDを発症させる方もいれば、あらゆる性的コンプレックスからストレスを感じてEDになる方もいます。ストレスや不安などを過敏に感じる人間だからこそ、心因性のEDなど疾患になる可能性は誰でも持っています。発症したら即治療へと進める様に、自分の事は出来る限り把握して管理をしていきましょう。